老後を考えた長く住める家づくりとは?

バリアフリーで不便を取り除く

バリアフリーの住宅が人気となっていますが、老後のことを考えたら積極的に取り入れた方が良い工夫と言えるでしょう。そして後からリフォームをするのも大変ですので、いざその時が来る前の段階で対策をすることが大切なのです。
そもそもバリアフリーはどのような工夫なのかと言えば、まず段差を作らないことです。年を取ると足が上がりにくくなりますので、ちょっとした段差でも躓いてしまうことが増えます。時には転倒によって骨折をし、そこから寝たきりになることもありますから、たかが段差と侮ることはできません。
間取りを広く取るのもバリアフリーの一環です。例えば車椅子に乗ることになった場合に、廊下や部屋の入口が狭いと移動が大変ですから、予め廊下を広めに作ったり入口を広くできる工夫を取り入れることで優しい住まいになってくれることでしょう。

生活動線はコンパクトが基本

年を取ると家の中を移動するだけでも大変になってしまうわけですが、そこで大事になってくるのが生活動線に苦労しないための家づくりです。生活動線というのは、要はよく移動するラインのことであり、簡便なつくりにすることで移動でも苦労しにくくなることでしょう。
例えば水回り関係を近付ければ移動が楽になります。キッチンや浴室、洗面所、トイレなどを近場にすることで家事をぐんと楽にすることができ、老後の生活も苦労しにくくなるはずです。
移動のルートの幅を広げてあげるのも良いでしょう。原則として移動は廊下を通ることになりますが、廊下以外のルートも作った方が、例えば目的の部屋への移動距離も短縮でき、楽に過ごせる住まいになります。

注文住宅のデザインを提案したり、個別の企業のニーズに合わせてオフィスのレイアウトを考えるのが、設計事務所の代表的な事業内容です

© Copyright Perfect House Rental. All Rights Reserved.