失敗しない土地選びのポイントとは?

まずは何より道路に注目

建物を建築する場合、最低でも2メートル以上は道路に面している必要があります。どんな道路に面しているかによって、その土地の価格が大きく左右されます。まず何より注目したいポイントは、道路の幅です。例えば道路幅員が2メートル以下で自動車の通行が困難な道路に面している土地は、近隣の相場に比べて割安となります。もちろん自動車に乗らない方にすれば、道路は歩行できる幅はありますので掘り出し物の物件になるかもしれません。ただあまりにも道路幅が狭いと、建物を解体したり建築したりする時に重機が進入できませんので、解体費用や建築費洋が非常に割高となりますので注意が必要です。一般的には道路の幅が4メートルから6メートル程度ある土地が好ましいと言えます。

道路の種類にも要注意

道路は一見しただけでは誰の道路なのか違いが分かりません。一概に道路と言っても、実は公道と私道に別れているのです。公道とは地方自治体や国等が所有し管理している道路の事です。私道とは個人が所有している土地が道路となっています。公道と私道の大きな違いは、誰が維持管理を行っているかという事です。公道の維持管理はもちろん行政が行っています。私道はその土地の所有者に維持管理の義務があります。公道と私道ではほとんど利用する分には差がありませんが、若干私道の方に制約がありますので、公道に接道してる物件の方が人気があるといえます。道路は一見しただけではどの種類の道路か分かりませんので、事前にしっかりと調査を行っている不動産業者に確認しましょう。

© Copyright Perfect House Rental. All Rights Reserved.